「指圧療法」とは

20200927_00072.jpg

指圧療法とは、体表を押圧し「反射」(刺激に対して無意識に起こる生体の反応)を促すことで、身体の機能を正常化していく治療法です。道具や器具などは一切使わず、手指を用いて施術することが特徴です。

手指で触れることで、身体の状態とその微細な変化を診ながら、個々の状態に合わせた施術を行っていきます。

日本起源の手技療法である、「SHIATSU」は今や世界共通語となっており、東洋医学再発見の気運が高まる欧米からも注目を浴びています。

 

指圧は、まだまだその本来の内容が知られていませんが、様々な痛みや不調に対応出来る総合療法【施術法】です。バキバキと痛い力ずくのイメージを持っている方も多いかもしれませんが、当院は、身体を傷つけない圧を用いて、身体の「滞り」や「機能不全」を回復させるもので、痛くない、安心して受けられる自然な治療法・健康法で、身体にやさしいことが利点です。

継続的に行うことでさらに効果が期待されます。ぜひ、積極的にご活用ください。