• bachshiatsuinfo

「めざせ! サブ4」 ~コツコツ3年間の軌跡~

更新日:3月12日

3年前の2017年、新年最初の患者様は、静岡から。私が新卒で入社した会社の同期(男性)でした。

私がこの仕事に就いている事も知らないはず。ネット予約で見た事のある名前は、まさかの本人でした。

20年ぶりの再会。ホームページで顔と名前を確認したらしいですが、下手だったらどうしたの~と、笑い合いました。遊び心ありますよね。

面白ついでに、4月に初めてフルマラソンに挑戦「初マラソンで4時間を切りたい、切れると思う」と仰います。これまでマラソンの経験はありません。

3ヶ月でサブ4・・・笑。本人もやる気だし、やれるところまでやってみましょう!これが来院の理由です。

その頃も今も、毎朝3~5㎞仕事前に走っていて、週末に少し長く。年齢的に職場で頼られる立場になり、仕事も忙しい。限られた時間の中、コンスタントに練習を積んでいきました。基本は一人で練習。

普段は静岡の自宅近くを走り、週末に都内のレースに参加後、施術を受けて帰ります。

この時は月に1回+レース直前。最近はレースに合わせて、2か月に1回ペースでしょうか。


走り方の基礎が出来ていないのでよくダメ出しを致しました。

すり足で走っているからとか、左右ぶれているとか。時計もせずシューズもただの運動靴だったので、きちんと走る用の物を使うようにと。足への負担を減らす為に厚底靴を勧め、最初は皮が剥けて痛々しかった足裏には厚めのソックスで対策を。それも、だんだん足が慣れ、今ではワセリンを塗らなくても大丈夫な走り方・足になりました。


長いレースを走った次の日も休まないので、身体を休める事の大事さを伝えると、その都度、素直に聞いてくれる。

真面目でガッツあるその方の初マラソンは、4時間57分でした。頑張りましたね!

それから益々熱心に。1km7分だと楽に走れるから、それを5分半まで縮められたらサブ4が見えてくる。

1km6分で10㎞目指す、今度は1km6分で20㎞~と、考え方もランナーらしくなりましたね。

その年は4時間27分まで縮めました。


その後ハーフマラソンで2時間切りを目指し練習。スピードのある彼はどうしても前半飛ばしすぎてしまう。抑えて 抑えて。これが毎回のアドバイスになりました。

2018年はハーフ2時間切りに成功!フルも4時間20分まで縮まりました。順調 順調。

最近は20・30㎞走った後も膝も痛くならなくなったし、筋の張りも変わりました。良い筋肉になっていくのを感じます。身体が若返るという感じ。ご自身でも膝周りのストレッチを欠かさないそうです。

2019年2月のレースで、とうとう目標のサブ4を達成!しかも3時間53分。おめでとう!

その年の終わりには3時間43分と10分も短縮。力がついてきましたね。というか、もう私が教わる方ですよね。


2020年やっと当選した東京マラソン、目標3時間半!・・・のはずが、親類の結婚式と重なって出られないそうです。

初マラソン挑戦を決意して、2年ちょっとでサブ4達成!

皆、それぞれ競技種目も違いますし、運動能力、練習環境、性格と、様々ですが、その方に合わせてお身体を診ていく。

練習内容や身体の動かし方、故障の無い身体作りと、私もお手伝いしながら楽しませて頂いています。


東京マラソンに向けて頑張っている皆様、彼の分まで楽しんで、東京の街を駆け抜けて下さいね!

今回は、目標に向かって頑張った同期の記録を残しておこうと思いました。

※サブ4の「サブ(sub)」とは、「以内」を意味し、マラソンにおいて「サブ4」とは42.195km.のフルマラソンを4時間以内で走りきることを言います。

#マラソン #サブ4 #挑戦 #はじめて #トレーナー #怪我予防 #疲労回復 #基礎練習 #一緒に楽しむ

閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示